pagetop

安全と安心を届けたいあたりまえで、とても大切なこと

食の安心と安全についての考え方

食の安心と安全についての考え方食の安心と安全についての考え方食の安心と安全についての考え方

太新はお客様に安全で美味しい商品を提供できるよう、「食の安心と安全」は最重要課題として位置づけております。
生産から加工・梱包・配送・販売までの各工程において、関連法令を遵守し、食品衛生の基本となる5S*1及びPDCA*2を徹底し安全確保に努めております。また、自社の加工拠点は設立当初より、製品に関する生産・企画・販売における品質マネジメントシステムの国際規格であるHACCPの認証を取得しております。

引き続き食の安心・安全の確立及び品質の向上に全力で取り組んでまいります。

*1整理、整頓、清掃、清潔、躾
*2 Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)

HACCPの認証取得

登録機関 日本検査キューエイ株式会社
初回登録日 2020年4月2日
登録有効期限 2023年4月1日
適用規格
JICQA 仕様-HACCP システム:
審査の要求事項
(H510E01-R00,2009-04-01)
登録範囲 ソデイカ切り身の設計開発及び加工
登録範囲の関連組織 沖縄事業所
ISOの認証取得

HACCPとは:原材料の受入れから最終製品までの各工程ごとに、微生物による汚染、金属の混入などの危害要因を 分析(HA)した上で、危害の防止につながる特に重要な工程(CCP)を継続的に監視・記録する工程管理システムです。

主な取り組み内容

商品検査 製品ごとに定めた検査基準と製品規格に基づき品質確認を行っています。
異物混入 最新機器を活用した微生物(菌)・金属・その他異物検査を行っています。生産ラインへ入室する際は、 ヘアネット・白衣の着用、手洗い、アルコール消毒、粘着ローラー掛け、エアシャワーを徹底しています。
設備の衛生管理・指導 HACCPに基づく品質マニュアルを作成し、衛生管理担当者が細かく衛生管理手順の徹底を確認・指導しています。
機械の点検・改善 日々清掃・点検やパーツの交換を行い、安全性及び品質の確保に努めています。
トレーサビリティ 水産物の生産・加工・流通履歴を整理・保存し、常時確認できるよう情報を管理しています。
製品の表示基準 製品表示は「食品衛生法」「JAS法」などの関連法令を遵守しているか厳重に確認しています。
生産者・バイヤーとの
密なコミュニケーション
品質状況やご要望などを確認・分析し、製品開発・改良・改善に役立てています。